WordPress導入のメリット・デメリット

WordPress

今回は、WordPress(ワードプレス)のメリット・デメリットを説明します。
自社のWebサイトを、静的ページで制作するか、WordPressを導入して制作するかを考えている人に向けての記事です。

WordPressとは

WordPressとは、CMS(コンテンツマネージメントシステム)と呼ばれるもののうちのひとつです。
ものすごく平たくいうと、記事やページの投稿が、ブログ形式で簡単にできちゃうやつです。

WordPressは、商用・非商用に関わらず無料で利用できる、オープンソースのソフトウェアです。ライセンスはGPL(GNU General Public License)で配布されています。多数の方が開発に携わっており、バージョンアップも頻繁に行われています。CMSの中でもシェアがダントツに高くなっています。

使い方は、Webのサーバーにインストール(ソフトを配置して設定)すれば、すぐに使うことができます。昨今のレンタルサーバーでは、簡単にインストールできる機能があるところもあり、数回のクリックで自動でインストールすることができます。

静的ページと動的ページ

Webのページには、主に静的ページと動的ページがあります。

静的ページとは、パソコンでファイルに「index.html」などと名前をつけてWebサーバーにアップロードし、そこにアクセスするとその内容がそのまま見られるものをいいます。

動的ページとは、アクセスしたときに、URLなどのパラメータをもとにWebのページを生成して表示するものをいいます。静的ページに比べれば、ユーザーや環境や検索語句などに合わせた柔軟なページを表示できる代わりに、静的ページでは補えないシステムが必要になってきます。
WordPressは、動的にページを生成しています(キャッシュを使って静的に吐き出すプラグインもあります)。

CMSのメリット・デメリット

WordPressのメリット・デメリットの前に、CMSのメリット・デメリットをお伝えします。
静的なページと比べたときの、メリット・デメリットは以下です。

メリット

  • 記事の更新が楽
  • 複数人で編集してもデザインを統一できる
  • 今までブログで書いていた記事を自動で取り込める可能性がある

デメリット

  • 初期コスト(人件費)が高い(ものによりますが、CMSを導入すると、見積りが倍くらいになることもあります)
  • バックアップが面倒
  • 例外のデザインのページの制作が面倒
  • 動的に生成するため、その分速度が遅くなる(Movable Typeなどは静的ページを動的に生成しておくことができます)

デメリットとして、コストの問題が大きいでしょうか。1から制作してもらうのではなく、テーマやテンプレートなどを購入してコストを抑えることもできます。

WordPressのメリット・デメリット

他のCMSと比べたときの、WordPressのメリット・デメリットです。

メリット

  • 無料で使える
  • 自由度が高い
  • インストールが簡単
  • 問題があっても検索すればだいたい解決する
  • カスタマイズできる人が多い
  • テーマが抱負
  • ない機能でも、だいたいプラグインがある

デメリット

  • クラッカーなどから攻撃にあいやすい
  • WordPress自体の更新が面倒くさい
  • WordPress本体・テーマ・プラグインにはバージョンがあり、組み合わせ次第で動かないこともある
  • サポートがない
  • ブログを書くことをメインに作られているためそうではないサイトには向かないことも

メリット・デメリットともに、シェア率が高いゆえに出てくるものです。

なぜWeb制作者はWordPressを薦めるのか?

Webを制作する人・会社は、WordPressを薦めることが多いです。むしろ、それ以外の選択肢を提示しないことも多いのではないでしょうか。

その理由は、おそらく「楽」だからでしょう。

シェアが高い(ゆえのメリットが多い)、特定の会社が開発しているわけではない(急に終了したりしない)。だからこそ、習得する人が必然的に多くなります。もちろんデメリットはありますが、様々な対策や技術を駆使してデメリットを抑える人もいます。他の出ては消えの数多あるCMSを習得するより、WordPressで頑張った方がいいという人が多いのだと思います。

CMSにもいろいろあります。

  • Movable Type
  • baserCMS
  • a-blog cms
  • XOOPS
  • EC-cube
  • 会社独自のもの

などなど。

まとめ

WordPressには、メリットもデメリットもあるので、それらを考えて、WordPressにするか他のCMSにするか、はたまた静的ページにするか、Web制作サービスを使うか、レンタルブログを使うか考えてみてください。
もし、Web制作者がWordPressをゴリ押ししてきた際は、デメリットを補完できているか確認しましょう。