MAMPでローカルサーバを構築する方法

MAMP

Web屋をやっていると、ローカルでサーバを構築すると、なにかと便利な場面が多いです。そんなときに便利なMAMPの使い方を紹介します。

MAMPとは

MAMP(マンプ)とは、Macで簡単にローカル環境でサーバを構築できる無償のソフトウェアです。Apache、MySQL、PHPがひとセットになったようソフトです。WordPressやPHPのウェブアプリケーションなどを、簡単にローカルでテストすることに向いています。

WindowsはXAMPP、MAMPでは対応しきれないという方はVagrantなどの選択肢もあります。

MAMPのダウンロードとインストール

MAMPを公式サイトからダウンロードします。

ダウンロード後、インストールします。

MAMPの設定

起動すると、次のような画面が表示されます。

設定、サーバを起動

「サーバを起動」を押下すると、サーバが起動します。そのあと、真ん中の地球アイコンを押下してページが表示されれば成功です。

MAMPのドキュメントのルートフォルダを変更

さきほどの画面で、次のように進んで設定します。

「設定」 → 「Webサーバ」タブ → 「ドキュメントのルート」

とりあえず作ったPHPを動かしたい程度でしたら、ここまでの設定で十分です。

MAMPで2つ以上のサイトを管理する

リンクがすべて相対パスのサイトであれば、適当な名前のフォルダを作れば問題ありません。しかし、/から始まる絶対パスを使うサイトをローカルで複数構築する場合、設定ファイルに少し追記する必要があります。

アプリケーション→MAMP→conf→apache→httpd.conf

httpd.confのファイルを編集します。
/Applications/MAMP/conf/apache/httpd.conf にあります。

# Virtual hosts
#Include /Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.conf

上記の記述を探し、Include先頭の#を削除してコメントアウトを解除します。

次に/Applications/MAMP/conf/apache/extra/httpd-vhosts.confを開いてください。
ファイルの一番下に、以下のように記述します。

Listen 8001
<VirtualHost *:8001>
  ServerName localhost
  DocumentRoot "/Applications/MAMP/htdocs/hoge/"
  ErrorLog "logs/hoge.log"
</VirtualHost>

これで、http://localhost:8001/にアクセスすると、DocumentRootに設定したディレクトリのファイルが表示されます。

あとは、このポート番号8001を、8002などに変更して増やしていけば、ポート番号を変更するだけで複数のサイトをテストできます。